みやちのマイルライフ@地方民のSFC修行2017解脱

地方民でも女子でもオバンギャでもマイルをためればなんでもできる

快速宅空便を利用してみよう

快速宅空便ってみなさん利用したことある@@?

f:id:mi8ma2:20170713135309p:plain

ここ最近地元の空港にのぼりが出ていますので(全国の空港がどうなのかはよくわかりませんが・・・)ANAでサービス推してるのかな?とちょっと感じていたりいなかったり・・・・。

以前からこのサービスは知っていたのですが、私は利用したことがまだありません。

(ただ、これすごく便利だな。って心の中でずーっと思ってました。)

ざっくり言うと・・・

午前出発便の飛行機に搭乗する人は到着地空港で荷物を受け取らず希望の場所(宿泊先や自宅)まで当日中に荷物を届けてくれるサービス(1個:1,000円)

*午後出発便の場合は翌日(または翌日以降)に荷物を届けてくれるサービスです。

*当日配達サービスの対象空港は、札幌(新千歳)・東京(羽田)・名古屋(中部)・大阪(伊丹)・大阪(関西)・福岡 ・沖縄(那覇)です。

個数:お一人様合計3個まで
サイズ:1個あたり3辺の合計が203cm以内のもの
重量:1個あたり25kg以内

 

宿泊先のホテルで荷物を受け取る

届け先を宿泊先のホテルに設定し、空港からは最低限の荷物で移動が可能となり荷物を受け取る時間も短縮することができ、目的地までの移動もスムーズに行えるメリットがあります。

 

スーツケースを預けるロッカーを探すのに苦労した経験のある方、ロッカーはあるのに全部埋まってて結局預けられず持ち歩く羽目になるパターン・・・等

マイナス面な旅先あるあるを解決してくれます。

 

ロッカー代は大型だと500円程だと思います。出し入れを何度か行うことを想定するとロッカー代に1,000円使うこともしばしば・・・かと思います。

有人の手荷物預かりサービスがあるところもありますが、そちらの料金も同じような感じだと思います。

空港での荷物受取のロス時間や空港から目的地まで大荷物での移動の労力を考えると、

宅空便で1,000円支払ったほうがよいかな。と私は判断しています。

 

お土産は持ち帰る。自分の荷物は送る。

 復路便でも、思っている以上に荷物が増えて移動に不便を感じる場合は、快速宅空便を利用するのは非常にメリットがあると思います。

空港売店などでも宅配サービスの提供があるかと思いますが、配送区分によっては1,000円以上かかるところがほとんどだと予測されるので、1個1,000円の快速宅空便を利用するのがコスト減ではないかと想像します。

お土産は自分で持ち帰って、自分の荷物(衣類等)は送る等するといいかもしれません。

旅の疲れもピークに達している状態で身軽な状態で帰路に着くのは賢い旅の方法かもしれません。

(翌日、大量の洗い物の入った(笑)スーツケースが届くのはちょっと悲しいけどねw)

  

快速宅空便はまだ利用したことないけれど航空便を利用しています 

先日の旅行の際は午後便だったこともあり快速宅空便を利用しなかったのですが、

たまに利用しているのが航空便(ヤ○トグローバルもしくはヤ○ト)です。

勤めている会社と提携している関係で旅行時の荷物を会社からホテル宛に送っています。

これは本当に便利です。

空港の提携駐車場の方からも、「え?荷物それだけですか?」と心配されたくらいです。まったく時間に余裕がなく空港から即武道館コースだったためミニサイズの肩掛けカバンのみ(笑)で東京まで行きました。

*この記事の旅行のお話です^^;;

 

mi8mile.hatenablog.com

 

ミニバッグの中身はひどいことに、

・お財布(旅行用の二つ折りの最小タイプのやつ)

・スマフォ(2台/データ通信用+通話用)

・ソラチカカード(パスモ)

・ライブのチケット

・モバイルバッテリー

・1泊分の下着(オイ)

 

たったこれだけ^^;;

女子とは思えない;;;;

 

*化粧品の類はホテルの備え付けのものもしくはコンビニ調達。

*着替えは物販のTシャツ

 

こういう計画でした。

翌朝9時指定でホテルに荷物(着替え類一式)が届くように手配済。

翌朝9時がポイントです><(チェックアウトが11時のため9時着が必須。)

いろいろとドキドキでしたが、荷物自体は8時05分に届きました。

(内線電話でたたき起こされましたけどねw)

 

空港から即武道館に行かないと、開場時間に間に合わないというなんともキケンな旅行だったため宅配便の方法をとりました。

軽装だったためフットワークも軽く、乗り換えも楽で余裕をもって到着することが出来ました。

 

荷物の遅延の確率も非常に低いので快速宅空便や宅急便の利用を織り交ぜながら快適な旅行を!

ANAサイトのリンクも貼っておきますね^^

サービスの詳細がのっていますので、熟読してみてください。

 

www.ana.co.jp

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ